• たらばがに
  • 毛がに
  • ずわいがに
  • 鮭
  • いくら醤油漬け
  • 味付け数の子
  • 辛子明太子(切子)
  • ほたて
  • 海老
  • 生うに
  • ほっけ開き
  • いか
  • たこ
  • ししゃも
  • ジンギスカン
  • 松前漬け
  • さっぽろ生ラーメン
  • 昆布
  • 北海道米
  • 朝採りアスパラガス
  • メロン
  • 朝採りとうもろこし
  • じゃがいも
  • 玉ねぎ

大切なお知らせ

ご注文成立後、即日必ず注文確認メール(自動返信)を返信しております。確認メールが届かない場合システム上ご注文が成立していない可能性もございますので「メールアドレスの誤入力」「迷惑メール設定」「受信拒否設定」「指定ドメイン受信設定」を再度ご確認下さいませ。また、配達日のご指定が無い場合、弊社にて商品の準備が出来次第随時発送させて頂いております。ご注文確定前にはお届日指定欄を今一度ご確認下さいますよう何卒よろしくお願い申し上げます(配達日指定不可のものを除く)

  • 網走水産では環境への取り組みのため、発泡スチロールによる梱包を減らしております。何卒ご理解いただけます様、お願い申し上げます。
  • 網走水産株式会社はこれからもお客様の気持ちを大事に考え、おもてなしの心を大切に従業員一同最大限努力してまいります。
  • 今後とも網走水産株式会社をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
  • 新商品コーナー
  • 2021春
  • お試し福袋
  • 鮭

ホーム > 魚介類 > シシャモ

商品一覧

シシャモ

シシャモの中でも通販で人気を獲得しているのが今では貴重となった北海道産の子持ち本シシャモです。 今では貴重品となった北海道産の子持ち本シシャモは、脂の乗りの良さとシシャモ本来の独特のほろ苦さを同時に味わう事が出来、かつての日本の食卓に並んでいた懐かしのシシャモの味を求める方に特に人気があります。

シシャモ | カテゴリー人気ランキングTOP3

-->
現在登録されている商品はありません
「シシャモ」の選ぶポイント!!

美味しいシシャモの選び方

美味しいシシャモの選び方

美味しいシシャモを選ぶ時の選び方としては、第一にシシャモが「カラフトシシャモ」か北海道産の「本シシャモ」かを見極める必要があります。 現在日本国内でシシャモとして流通しているほとんどのシシャモが川に遡上せずに海に居るカラフトシシャモです。 そして本シシャモと呼ばれる北海道産のシシャモは現在流通量が少なく、貴重なシシャモとなっています。 それぞれのシシャモの特徴としては、カラフトシシャモは身が大ぶりで脂の乗りが良く、北海道産の本シシャモは身が小ぶりながらも旨味がギュッと凝縮している点が特徴です。

ポイントはおなかの大きさとシシャモの表面

ポイントはおなかの大きさとシシャモの表面

美味しいシシャモを選ぶ時には身の大きさでカラフトシシャモか本シシャモかを選ぶ選び方のほかに、卵をお腹に持っている15cmから20cmほどの大きさのシシャモを選ぶ選び方があります。 また、シシャモを触った時に表面がぬるぬると滑る物は避け、出来るだけぬるぬるしていないシシャモを選ぶようにすると良いでしょう。 また、北海道産の本シシャモは外国産の本シシャモと比べると尻びれや腹びれの部分が大きくて丸いのが特徴で、なおかつあめ色の美しい色をしてますので、本シシャモを選ぶ時の参考になさってみて下さい。

「シシャモ」のおいしい食べ方!!

シシャモ を使ったおすすめレシピはこちら

焼きシシャモ

焼きシシャモ

シシャモを使ったレシピの中でも「王道中の王道」と言われているのが、シシャモをシンプルに焼いた「焼きシシャモ」です。 焼きシシャモはシシャモを魚焼きのグリルや魚焼き用の魚焼き網、もしくはフライパンやオーブントースターで焼くだけでOKながらもっともシシャモの香ばしさと味わいを引き出せる調理法として人気があります。 焼きシシャモをご家庭で行う場合には、アルミホイルをオーブントースターに敷き、1000ワットのオーブントースターで5分ほど加熱するとちょうど良い具合にシシャモを焼き上げる事が出来ます。

シシャモのフライ

シシャモのフライ

シシャモを使ったレシピで焼きシシャモに次いで人気があるレシピにシシャモを油で挙げた「シシャモのフライ」があります。 シシャモに小麦粉と水で作った衣をつけて揚げるだけのシシャモのフライはお好みで青海苔を衣に混ぜれば「シシャモの磯辺揚げ」、そしてシシャモにつける衣にグルテンを発生させて揚げれば「シシャモのフリッター」を作る事が出来ます。 シシャモのフライを揚げる時には、子持ちシシャモの味わいを生かす為に出来るだけ衣に味付けをせず、シンプルにそのままのシシャモの風味を味わってみる事をおすすめします。